HOMEへ戻る メールマガジンメールマガジン カートを見るカートを見る お問合せお問合せ
リングリング ネックレスネックレス ピアスピアス シルバー925シルバー925 パワーブレスレットパワーブレスレット アクセサリーアクセサリー キャンペーンキャンペーン
Home ショッピングガイド お客様の声 Jewelry豆知識 ギフトラッピング Q&Aよくある質問

豆知識メニュー
ジュエリーのお手入れ
ダイヤモンドの選び方
宝石の硬度について
誕生石が知りたい
鑑別書・鑑定書
貴金属の知識
 



  ダイヤモンドの選び方
 
高価なものですから、ダイヤモンドがどういう品質なのかを見極めて購入したいですよね。ここではよく聞くダイヤモンドの4Cについてご説明します。もちろん、4つの“C”がハイレベルなものが高品質となるわけですが、それなりに値段も高くなります。ご予算にあわせて、大きさで選ぶのか、品質で選ぶのかを決めておくとよいかと思います。

ダイヤモンドの4C

4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準、4つの要素のことです。
4C、Cを頭文字に持つ 4つの要素
Cut カット カットされた形
Color カラー ダイヤモンドの色
Clarity クラリティー 透明度
Carat カラット 石の重さの単位、1キャラットは0.2グラム


1.Cut(カット)ダイヤモンドのカットの品質

ダイヤモンドはなぜ煌き、輝くのでしょうか?それは、ダイヤモンドだけがもつ、光の強い屈折率が関係するのです。
 
輝きを最大限に引き出すために、理想的な形のカットがあります。そのカットから、どのくらいはなれているかの比較がポイントになるのです。
宝石用ダイヤモンドのプロポ−ションとフィニッシュ(仕上げ)の良否は次の6段階に分けられています。

 Excellent・VeryGood・Good・Medium・Fair・Poor 

 日本では上記以外に、Excellentカットの上に、ExcellentH&A(エクセレントハ−トアンドアロ−)と最上級のEEE(トリプルエクセレント)の表示が一般的に多くなってきました。


2.Color (カラ−)ダイヤモンドの色 無色が最も高い評価

ダイヤモンドは、無色と思っている人が多いと思いますが、ほぼ無色からややイエローもしくはブラウンがかったものを見かけることが多いと思います。ダイヤモンドには無色のものから、幾分色つきのものまで何段階かのグレーディングに分けられます。
 Dカラーから始まり、E・F・G・・・X・Y・Z カラーのように等級に分けられます。Dカラー(無色透明)に近くなるほど、希少価値は高まり、評価も高くなります。
この標準的範囲以外の、ブルー・ピンク・レッド等めずらしいファンシーカラーは 標準的範囲の評価方法と異なり、(カラーストーンの評価方法のように)色の深さと鮮やかさにもとずいて評価され、色が明るく純粋なほど評価は、高くなります。 
D E F G H I J K L M N 〜 R S 〜 Z 標準的範囲以外
無色 ほぼ無色 僅かな黄色味 非常に薄い黄色 薄い黄色 ファンシーカラー

色の美観は、人それぞれ違うのもですので、標準的な範囲内の色のものでも、色のもつ暖かさ等によって、濃い色のものを好む人もいます。 お好みの色を選ぶことも大切なポイントです。


3.Clarity(クラリティ−)ダイヤモンドの透明度、内部及び外部のキズ等

ダイヤモンドは天然なものなので、不純物が入る可能性があります。その基準がクラリティです。
インクルージョン(内包物)が少ないほど、輝きが増してきます。そのグレーディングは下記のように表されます。

F・IF・VVS1・VVS2・VS1・VS2・SI1・SI2・I1・I2・I3 以下は工業用
クラリティ−はこのように11段階にわけられています。

以下の基準は、10倍のル−ペで鑑定士が見て判断を下したものです。
F (フロ−レス) 内部及び外部に全く欠陥が無い
IF (インタ−ナルフロ−レス) 外部に極微少な欠陥がある
VVS1(ベリ−ベリ−スライトリ−インパ−フェクト) 非常に発見困難な欠陥がある
VVS2 VVS1より多少大きいか中央部分に非常に発見困難な欠陥がある
VS1(ベリ−スライトリ−インパ−フェクト) 多少大きな内部欠陥か、数個の微少な欠陥がある
VS2 VS1より多少大きい欠陥がある
SI1(スライトリ−インパ−フェクト) 発見が難しくない内部、外部の欠陥がある
SI2 SI1より欠陥が多少大きく、下から見ると肉眼で欠陥が発見できる
I1(インパ−フェクト) 注意して見ると、欠陥が肉眼で発見できる
I2 欠陥が肉眼で発見できる
I3 これ以下の石は、宝石用としては使用できない

重量や色と同様に、クラリティーが価値に及ぼす影響は、希少性と直接関係していますが、インクルージョン(内包物)の存在は、必ずしも否定的な要因ではなく、ダイヤモンドがどのように形成されたかの情報源であり、天然ダイヤモンドである証拠でもあります。


4.カラット(Carat)------重量 大きいことと品質は別物

(1カラットは0.2グラムです) カラットとは、大きさを表すものではなく、重量を表します。 1カラットは0.2グラムですので、5カラットで1グラムです。 重量が増すにつれ、価格も上がります。大きい石が比較的に少ないため、重量が増すと1カラットあたりの価格も上がります。
カラットの語源はカロブ(Carob:イナゴ豆)が由来されています。
この豆の実を乾燥すると、ほとんど同じ重さで、一粒が0.2グラムでした。
この実を使って古代の人は宝石の重さを量っていました。

ダイヤモンドのサイズ表 カラットとサイズの関係
※下記の表はブリリアント・カット(標準カット)のダイヤモンドの目安です※
カラット数 ダイヤモンドの直径 カラット数 ダイヤモンドの直径
0.005ct 約1.0ミリ 0.40ct 約4.8ミリ
0.01ct 約1.30ミリ 0.50ct 約5.2ミリ
0.02ct 約1.72ミリ 0.65ct 約5.6ミリ
0.025ct 約1.8ミリ 0.75ct 約5.9ミリ
0.033ct 約2.0ミリ 0.85ct 約6.2ミリ
0.05ct 約2.5ミリ 1.00ct 約6.5ミリ
0.07ct 約2.7ミリ 1.25ct 約7.0ミリ
0.10ct 約3.0ミリ 1.50ct 約7.4ミリ
0.15ct 約3.4ミリ 1.75ct 約7.8ミリ
0.20ct 約3.8ミリ
2.00ct 約8.2ミリ
0.25ct 約4.1ミリ 2.25ct 約8.6ミリ
0.33ct 約4.4ミリ 2.50ct 約9.0ミリ

© 2002 Heartplus Jewelry